久し振りの車の運転

久し振りの車の運転

車の運転をしなくなってから5年ほどたってしまいました。「駅の近くに引っ越すし、普段ほとんどのらないから」と自分の車を処分してしまってから5年……というわけです。

車はなければないでなんとかなるもの。タクシーをちょくちょく利用していても車の維持費なんかよりは安くつくのです。それに、どこか遠出するときは、一緒にいく友人が車をだしてくれます。最初は「実家に行けば車はあるし、なにかあったら借りてこよう」と思っていましたが、思いの他そんな状況にもならないものなのでした。

当然、車をもっていなければ運転をする機会がありません。機会がないのだからそれでいいのかもしれませんが、このままだと車の運転の仕方をわすれてしまうのではないかと不安になってきました。免許をとりたてのころのように、ドキドキしながら車に乗るのはいやですしね……。

そこで先日、実家に帰った時に、近くのスーパーマーケットまで車を運転していくことにしました。これまでなら自転車で行く、ほんの短い距離です。

あまりにも久し振りなもので、エンジンをかけるときはやっぱりドキドキ。でも、体が覚えているものですね。ブレーキとアクセルを間違えることもなく、ワイパーとウインカーを間違えることはなく、難なくスーパーマーケットに到着!もう少し練習をしてみようと、少し遠い家電量販店へも運転してみました。ここの駐車場は車が混んでいて、駐車に少し緊張しましたが、こちらも問題なし!

そんなわけで「よかった!まだ車が運転できる!」と、一安心したというわけです。普段、運転をする機会がないとはいえ、例えば緊急でひとを送り届けなければならないときなど、いざというとき運転できるのとできないのとではやはり大違いだとおもうのです。折角とった運転免許ですしね。まるっきりの「ペーパーライセンス」にしてしまうのはもったいないというもの。

これからもたまには車の運転をして、カンを取り戻すようにしたいと思います。もう少し足しげく実家にかえって、母のおつかいでもしてあげようかな。

婚活パーティー|大阪

ゆとり世代はKY世代

KYという言葉が一時流行りました。

その場の雰囲気を察することを「空気を読む」と言います。

KYはこの「空気」と「読む」の頭文字です。

空気が読めない人を意味します。

「危険予知」のKYではありませんよ。

KYを恐れる最近の新入社員の特徴は、協調性が際立っていることです。

そして、集団生活への取り組む姿勢は積極的です。

ですから、とても素直です。

自分たちがどう見られているかを強く意識しています。

これは空気を読む能力がとても高いからです。。

周囲に合わせる事はできますが、主体的に引っ張ろうという意識には欠けています。

最近の新入社員への調査では、型から外れることを嫌う傾向がはっきり出ています。

2008年のリーマンショック以降の就職難で学生が保守的になっているためだと思われます。

「KY」を気にしながら、周りの様子ばかりをうかがう新入社員。

何事にもよく思われることばかりを意識する消極的な感じです。

このような新入社員を指導するときのポイントはなにか。

まずは頭ごなしに怒鳴らないことが一番大切なようです。

怒鳴りつけるとそうされないことが目的となってしまうからということです。

上司がいないと今度は全く働かない社員になってしまいます。

そして、「ゆとり世代」という言葉でひとくくりにしないということです。

「あいつはゆとり世代だから。」とこの一言で決めてしまうのは良くないことですよね。

もっと、消極的な社員になってしまいそうです。

間違えを気にせず、とにかくやってみるという積極的な考えはあまりないようです。

個性を大事にする世代です。個性を尊重してあげた方がいいようです。

いつの時代でも大事なのは信頼関係です。

ときには本音で話し合ってみましょう。

そうすれば、次第に心を開いてくれるのはいつの時代でも同じはずです。